伊予銀行VERTZ 辻井 美波選手

INTERVIEW

伊予銀行VERTZ
辻井 美波選手

ベンチや観客席の盛り上がりがソフトボールを続ける原動力

伊予銀行VERTZの辻井美波(つじい みなみ)です。入団して2年目で、ポジションは内野手です。野球好きの父と祖父の影響で、小学生のときに少年野球を始め、中学生になってからソフトボールに転向しました。その後高校、大学と続けてきて今に至ります。野球もソフトボールも、点を取ったとき、試合に勝ったときにチームメンバーや家族が喜んでくれるのが嬉しくて。その光景を見たいと思いながら今までプレーを続けています。

 

伊予銀行VERTZは、メンバー同士の仲が良く、楽しくソフトボールと向き合えるチームだと感じています。ヒットを打ったり点を取ったりすると、チーム一体となって尋常じゃないほど盛り上がるんです。ここまで盛り上がるチームは他にはないと思います。それに、伊予銀行VERTZは入団を決める際、一番早く声をかけていただいたチームです。私が大学までソフトボールを続けてきたのも、ずっと応援してくれる家族や仲間がいたから。ソフトボールをやるなら、自分のことを求めている人たちの期待に応えたい。そんな思いから入団して、日々練習に励んでいます。

落ち込んだ時こそ練習あるのみ!

大学のとき、初めてスランプに陥りました。大学で入部したソフトボール部は、自分より上手い人がたくさんいて、なかなか試合に出られなかったんです。それまでは試合に出場するのが当たり前だと思っていたので、自分の見ていた世界がいかに狭かったかを痛感しました。「自分なんて頑張ってもダメだ」と気持ち的には落ち込んでいたものの、練習は途切れることなく続けていました。落ち込んだときは、行動するとネガティブな気持ちを解消できるんです。日々の練習によって少しずつ自信がついて、その成果もあって4年生のときにようやくレギュラーに選ばれました。

 

私はネガティブに捉えやすい性格なのか、伊予銀行VERTZに入団してからも、多々落ち込むことがあります。ですが「落ち込んだときこそ練習して自信をつける」という強みを活かして、今後も実力をつけていきたいです。

常に思いきりヒットを打つ姿勢でバッターボックスへ

伊予銀行VERTZに入団してからの試合で、代打で初めて打席に立ったとき、初ヒット、初打点を挙げました。私は常に試合では「ヒットを打つ」という気持ちでバッターボックスに立っています。どんなボールがきても迷わずバットを思いきり振る。結果はどうであれ、「ナイススイング!」と言いたくなるようなプレーで、チーム全体が活気づく。チームや応援してくれる人のために私ができることは、「いつでも迷わず思いきり振る」という自身の強みを活かすことだと思っています。

 

チームのために柔軟に動ける選手を目指して

今後は頭で考えてプレーできるようになるのが目標です。当たり前ですが、気持ちだけで乗り切れるほど実業団は甘くはありません。試合中に起こるさまざまなケースを想定して、常に自分がどう行動したら周りに良い影響を与えられるか考えて、チームに貢献したいです。最近はソフトボールのときだけでなく、私生活でも「こっちの方が効率良いな」とか「この人今何を考えているんだろう」と考える癖をつけています。

 

落ち込んだときにはがむしゃらに練習したり、バッターボックスでは迷わずバットを振ったりと、自分と向き合うプレーでは猪突猛進に。一方で守備に入るときは、チームメンバーのために頭を使って柔軟に動く選手になることが目標です。

 

大好きな仲間、地域で支えてくれる方達の盛り上がりが、今の私の頑張る源となっています。これまでも支えてくれた方々のためにソフトボールに取り組んできました。出場した際には思いきりヒットを打って試合を盛り上げていきます!今後も応援よろしくお願いします。

頑張る人仲間ギフト贈っちゃおう!!